原付バイクの鍵のトラブル 気になる修理費用は?/ カギの紛失 シートに閉じ込め いたずら

原付バイクの鍵を紛失したり、シートに閉じ込めたり…、そんな経験はありませんか。

そうなると、修理費用や交換費用などが気になります。
トラブルの状況や出張費用など、条件によって料金が異なりますので、以下の事例を参考にしてください。



スポンサー

@ 合鍵を作っておらず、鍵が見つからない場合

原付バイクの鍵キーをシリンダーごと、交換する。

原付バイクの車種にもよりますが、一般的な原付バイクには、「エンジンキー ・ シートのキー ・ ガソリン注入口のキー ・ ハンドルロック」の4つがあります。

これら全てを1つのキーで空けているため、カギを紛失してしまえば全て交換しなくてはなりません。

車種にもよりますが、1セットで、交換手数料も含めて、7〜8000円から、1万円前後の費用が必要です。

A 原付バイクの鍵穴をいたずらされて、キーが差し込めなくなってしまった場合

シートのカギとガソリン注入口のキー、ハンドルロックは古いものを使い、エンジンキーとシリンダーのみを新しくすれば済みます。
面倒くさいと言う方は、三つ全て交換するといいかもしれません。

ちなみに、ガソリン給油口は、鍵の付いていないものも販売しています。(純正ではないので、適合するか確認が必要です)
ネットなどで見つければ、その分安くなるでしょう。


B 原付バイクの鍵を収納スペースの中に入れたまま、キーを閉じ込めてしまった場合。

カギがシートの収納スペースの中にあるわけですから、シートキーを開けることができればOKです。
これは、ばいく屋さんに行けば、たいてい特殊な器具を使って開けることが出来ますので、近くのバイク屋さんに相談してみて下さい。
シートを開ける手数料は3000円〜4000円です。

C 合鍵が家にある場合

公共の交通手段を使って、自宅まで戻り、合鍵で動かしましょう!

■ 出張費は・・・?

現場まで取りに来てもらうと、出張料金が別途5000円〜10000円かかる場合があります。
なじみのバイク屋さんなら「タダ」ということもありますが、電話で依頼する場合に「出張料が必要になるのか・・・」を聞いておくといいでしょう。




スポンサー


posted by スペアキー 合鍵 ドットコム at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原付バイクのカギトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。